個人事業主開業NAVI

当サイトは、これから個人事業主として開業する方、既に個人事業主として開業した方、どちらにとっても役立つ情報をたくさんご紹介している個人事業主・自営業者のための情報ポータルサイトです。(個人事業自営業は同じ意味の言葉です)


個人事業主の開業手続き

まずは、個人事業主・自営業者の開業手続きについてご説明いたします。

手続きは本当に簡単で、たった1枚の書類を税務署に提出するだけです。

そうすれば、晴れて個人事業主として開業することができます。
(※他にも、提出しておくと後々メリットのある書類がありします。詳しくは後述します。)

具体的には、個人事業の開廃業等届出書を納税地の所轄税務署に提出するだけです。

自宅とは別に事務所を設ける場合は、事務所のある場所を納税地にすることも可能です。

提出の方法は、税務署に自分で直接持って行っても良いですし、郵送でも構いません。

個人事業の開廃業等届出書と似た書類に、個人事業開始申告書(事業開始等申告書)というものがあります。

違いは、個人事業の開廃業等届出書は国税(所得税)に関する書類であるのに対して、個人事業開始申告書(事業開始等申告書)は地方税(事業税・住民税)に関する書類であることです。

ただ、所得(売上−経費)が290万円を超えなければ事業税が発生しませんので、それを超えないのであれば個人事業開始申告書(事業開始等申告書)を提出せずに事業を始めてしまうことも可能です。
(もちろん、先に提出しておくに越したことはありません。)

個人事業主は毎年確定申告をしますが、その際に所得が290万円を超えていれば自動的に通知が来るようになっていますので特に問題はありません。

個人事業開始申告書(事業開始等申告書)の提出先は、県税事務所と市町村役場の2ヶ所に提出する必要があります。

東京都で個人事業を行う場合には都税事務所にだけ提出すれば大丈夫です。

以上、個人事業主・自営業者として開業することがいかに簡単なことかわかっていただけたと思います。