青色申告と白色申告の違い

個人事業主が確定申告を行う場合、青色申告白色申告の2種類があります。

開業したその年から青色申告をする場合は、所得税の青色申告承認申請書を提出しておかなければいけません。

白色申告から青色申告に切り替える場合は、青色申告にする年の3月15日までに提出する必要があります。


青色申告と白色申告の比較表

青色申告と白色申告の違いは、下の比較表を参考にしてみてください。

   青色申告   白色申告 
記帳の義務 正規の簿記による帳簿の記帳が必要になります。
1.仕訳帳
2.総勘定元帳
3.固定資産台帳
4.現金出納帳 など
原則:記帳義務はありません。ただし、事業所得が300万円を超える場合には、記帳の義務が発生します。
決算書の作成 「損益計算書」「貸借対照表」 「収支内訳書」
特典 青色申告の主な特典は以下の通りです。
1.最高65万円の特別控除
2.家族への給与が必要経費になる
3.減価償却の特例が受けられる
4.赤字損失分を3年間繰越できる
白色の場合は、家族やスタッフの給与の一部が必要経費になります。
申請手続 青色申告承認申請書」家族に給与を支払う場合は、「青色申請事業専従者給与に関する届出書 特になし