スポンサードリンク

事業専従者とは

事業専従者とは、事業主の営む事業に専ら従事する家族(事業主と生計を一緒ににする配偶者その他の親族)のことを言います。

確定申告の際に、事業専従者として認められるためには、

@15歳以上(15歳未満の人は事業専従者になれない)

A確定申告する年の事業専従期間が6ヶ月以上

※青色事業専従者給与については例外規定有

上記の条件を満たしていないといけません。

事業専従者の給与に関して、原則として必要経費にはなりません。(青色事業専従者への給与は経費にできる)

しかし、事業専従者控除額として、

@事業専従者が事業主の配偶者であれば86万円、配偶者以外であれば専従者一人につき50万円

Aこの控除をする前の事業の所得金額を、専従者の数に1を足した数で割った金額

上記2つのうち金額が低い方を必要経費とすることができます。

なお、事業専従者となる人は、控除対象配偶者や扶養親族にはなれません。