スポンサードリンク

定額法とは

定額法とは、減価償却の手法の1つで、毎年均等に定額の減価償却費で処理する手法のことです。

計算方法は、 「取得価額×定額法の償却率」となります。

取得した資産の価値は毎年均等に減っていくという単純な発想なのでわかりやすいと言えます。

毎年の減価償却費は、取得原価から残存価額を引いた額を耐用年数で割って計算します。

残存価額(取得価額の10%)とは、耐用年数経過後のその資産の価値(それを売却した際に得られるであろう処分価額)です。

定額法の計算方法は、

減価償却費=(取得原価−残存価格)÷耐用年数

で求めることができます。

個人事業主の場合、所得税の減価償却資産の償却方法の届出書を提出していない場合は定額法を用いて減価償却することになります。