所得税

所得税は、個人の所得に応じて納める額が変化する税金です。

サラリーマンであっても所得税は(会社が代わりに)払っていますが、個人事業主の場合は必要経費や様々な控除が認められていますので、収入から必要経費を差し引いた額(所得)にかかってきます。

サラリーマンは収入に直接かかってきますので、この点で個人事業主はサラリーマンよりも有利なのです。


所得税の計算方法

まず、個人事業主の所得税の計算式について見てみましょう。

以下のようになります。

所得税=(収入−経費)×税率−税額控除

収入というのは、事業によって生まれた売り上げになります。(他にも収入があるのであればそれも計上します)

そこから、事業にかかった経費を差し引いたものが所得になりますが、この経費には青色申告特別控除(※1)や所得控除(※2)などの控除も含まれます。

青色申告特別控除は最大で65万円控除を受けることができますので、これをすべて経費として処理できるのです。

次に、所得に対して税率をかけるのですが、所得税の税率はその個人事業主の所得額によって変化します。

具体的には下の表のようなっています。

 課税される所得金額   税率   控除額 
 195万円以下   5%   0円 
 195万円を超え 330万円以下   10%   97,500円 
 330万円を超え 695万円以下   20%   427,500円 
 695万円を超え 900万円以下   23%   636,000円 
 900万円を超え 1,800万円以下   33%   1,536,000円 
 1,800万円超   40%   2,796,000円 

最後に、税額控除(※3)のある方は、所得に税率をかけた額から税額控除を引きます。

この額が個人事業主の所得税額となります。


(※1)青色申告特別控除・・・確定申告を青色申告で行うと、最大で65万円の控除を受けることができます。所得税を計算する時はこれをすべて経費にできます。

(※2)所得控除・・・所得控除とは、基礎控除、医療費控除、配偶者控除、各種の保険料控除などのことを言います。詳しくは、所得控除一覧を参照ください。

(※3)税額控除・・・課税所得金額に税率を乗じて算出した所得税額から、一定の金額を控除するものです。詳しくは税額控除一覧を参照ください。