個人事業主の屋号

屋号とは、企業で言う社名のようなもので、個人事業につけるの名前のことです。

個人事業主として開業する際に提出する個人事業の開廃業等届出書には屋号を記入する項目があります。

しかし、開業の段階で屋号名が決まっていなければこの項目は空欄で提出しても構いません。

屋号は、名刺や看板に使えることはもちろんのこと、銀行口座に使用することもできますし、また、個人事業主から法人化する時にこの屋号を社名として引き継ぐこともできたりと、営業上とても重要なものですので慎重に決めましょう。


屋号のつけ方・決め方

個人事業主の屋号のつけ方・決め方は、愛着が持てるような好きな名前をつけてもいいですが、営業していく上で屋号名を前面に押し出していくというのであれば戦略的に決めていく必要があります。

・事業内容が一目でわかる
顧客が屋号を見た時に、事業内容がすぐにイメージできるような名前にすると良いでしょう。
よく見かける屋号に、「佐藤商店」や「鈴木オフィス」と言ったものがありますが、看板にこれだけ買いてあっても、一体何を売ってくれるのかがわかりませんので気をつけましょう。

・長くしすぎない
顧客に覚えてもらうためには、屋号はあまり長くしすぎない方がいいです。
また、自分にしか意味のわからない難解な英単語を使った屋号も、顧客からすると覚えづらい場合が多いことを意識しましょう。

・ドメインに空きがある
リアルビジネスにしろインターネットビジネスにしろ、お店の名前ややサービス・商品の名前でホームページを持つことは不可欠になっていますので、屋号にしたいドメインに空きがあるかどうかをチェックする必要があります。
取りたいドメインが取得できるかどうかは、ムームードメイン のようなドメイン管理会社のホームページ上で簡単に調べることができます。
取得したドメインを置くサーバーは、ムームードメインと同じ会社が経営しているロリポップ! のようなレンタルサーバーを使えば設定も非常に楽ですし、ホームページを運営するのにかかるコストは年間で数千円しかかかりませんので、屋号にしたいドメインに空きがある場合はすぐに取得しておくとよいでしょう。

・使用してはいけない語句
個人事業主の場合、法律的には好きな屋号をつけて良いことになっていますが、会社を連想させる語句を使ってはいけません。
「会社」はもちろん、「Corporation」、「Inc(Incorporated)」、「Co.,Ltd.(Company Limited)」などの使用もしてはいけません。

個人事業主の屋号を変更するには

個人事業主が屋号を変更する上で、正式な手続き・届出書等はありません。

開業届けに記入した屋号を変更した際は、所轄税務署に屋号変更の旨を伝えれば税務署の方で書き直してくれますので問い合わせてみてください。

ただ、変更してすぐに連絡しなければいけないというわけではありませんので、変更後の確定申告の時に決算書に記載されている変更前の屋号を朱書きで訂正し、備考欄に屋号変更の旨をを記入しておくという方法でも構いません。

個人事業の屋号を商号登記している場合、変更には法務局での手続きが必要です。