個人事業主の税金

個人事業主は、サラリーマンと違い自分で税金を払います。

どのような税金があるのか、それはどうやって計算されるのか、見ていきましょう。


個人事業主が収める税金の種類

個人事業主が収める税金の種類として、まずは大きく国税と地方税に分けることができます。

国税とは文字通り国に支払う税金のことで、一方の地方税は地方自治体に支払う税金のことです。

どちらも、更に細かく分かれており、表にすると以下のようになります。

国税 直接税 収得税 所得税、法人税
財産税 相続税、贈与税、地価税
間接税 消費税 酒税、揮発油・地方道路税、石油税、航空機燃料税、
石油ガス税、消費税、電源開発促進税、たばこ税/たばこ特別税
その他 流通税 有価証券取引税、取引所税、とん税、特別とん税、印紙税、
自動車重量税、登録免許税、日本銀行券発行税、関税
地方税 道府県税 普通税 道府県民税(住民税)事業税(個人事業税)、地方消費税、不動産取得税、道府県
たばこ税、ゴルフ場利用税、特別地方消費税、自動車税、
鉱区税、狩猟者登録税、固定資産税(特例)、法定外普通税、
目的税 自動車取得税、軽油取引税、入猟税、水利地益税、
市町村税 普通税 市町村民税(住民税)、固定資産税、軽自動車税、市町村たばこ税、
鉱産税、特別土地保有税、法定外普通税、
目的税 自動車取得税、軽油取引税、入猟税、水利地益税、

上表の中で、個人事業主が普段から意識しておかなければならない税金は、国税では所得税、地方税では事業税(個人事業税道府県民税・市町村民税(住民税の3つです。

また、年間の売り上げが1,000万円を超える場合には国税である消費税の納税義務が発生します。