個人事業主の確定申告

個人事業主は、サラリーマンとは異なり自分で確定申告を行います。

確定申告とは、1月1日から12月31日までの間で得た所得を、次の年の2月16日から3月15日までの間に税務署で納税を行う作業のことです。

※赤字が出た場合は確定申告をする必要はありませんが、損失を確定申告すれば翌年に持ち越すことができますので行った方がよいでしょう。(赤字を繰り越せるのは青色申告のみ)


確定申告書の種類

確定申告を行う際に必要な書類の中で誰しもが必要は書類は、確定申告書です。

確定申告書は税務署でもうらうこともできますし、国税庁のホームページ内にある確定申告書等作成コーナーから印刷することもできるのでそれを使用しても構いません。(他に、還付申告センターというところで入手することもできます)

確定申告書には種類があり、確定申告する内容に応じて使用する確定申告書が異なります。

 使用する申告書   使用できる方 
申告書A 申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、配当所得、一時所得のみで、予定納税額のない方が使用できます。
前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引く場合は、申告書Bを使用します。
申告書B 所得の種類にかかわらず、どなたも使用できます。
※変動所得や臨時所得について平均課税を選択する方は申告書Bを使用します。
  申告書Bと第三表(分離課税用)の併用 土地建物等の譲渡所得がある方
申告分離課税の株式等の譲渡所得等がある方
申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得がある方
申告分離課税の先物取引の雑所得等がある方
山林所得や退職所得がある方
申告書Bと第四表(損失申告用)の併用 所得金額が赤字の方
所得金額から雑損控除額を控除すると赤字になる方
所得金額から繰越損失額を控除すると赤字になる方

個人事業主は申告書B(事業所得があるのなら申告書B)を使用することになります。